MENU

記憶力を上げるサプリメントランキング!DHA/EPAが血液ドロドロからサラサラにして脳への血流をアップ!

記憶力を上げるサプリはDHA・EPA配合がおすすめで効果的です!

記憶力をサプリ効果で改善したい

頭の回転が遅くなってきた・・・

 

最近物忘れが多くなってきて、人の名前が覚えられない・・・

 

試験や資格の勉強のために記憶力・集中力をアップさせたい・・・

 

やる気が長く続かない・・・

 

DHA・EPAはサプリメントで補うのが良い! これらの症状は
・脳の神経細胞内のDHA・EPA量を増やすこと
・脳細胞への血流を良くすること
で改善されるため、DHA・EPAの摂取が非常に重要です。

 

ですが、DHA・EPAは魚介類(特に青魚)にしか存在せず、毎日の食事だけで必要量を摂取するのは難しいため、サプリメントで補うのが現実的でおすすめです。

 

 

サプリの品質や安全性・DHA・EPA配合量・コストパフォーマンス重視のランキング↓↓

 

きなり (さくらの森)の特徴

さくらの森の「きなり」は飲み易いソフトカプセルで、たった4粒で500mgのDHA・EPAを摂取できます。魚臭い匂いがないため、魚嫌いの人でも愛飲している人が多いサプリメントです。DHA・EPAは酸化しやすい弱点があり、酸化したDHA・EPAをたくさん飲んで体内に入れても効果がありません。きなりには酸化から守るため、抗酸化作用が強いアスタキサンチンを多く含むクリルオイルを一緒に配合しています。更に、血栓の溶解作用のあるナットウキナーゼも配合されており、血液をサラサラにして、脳への血流をアップさせてくれます。

価格 5,695円 ⇒ 定期初回1,980円
評価 評価5
備考 1日あたり66円! 脳の神経細胞内で作用するDHA/EPAを高配合!
 

マイケアのさかな暮らしEPA&DHAの口コミ

マイケアの「さかな暮らし EPA&DHA」の特徴

マイケアの「さかな暮らし EPA&DHA」には、EPAが600mg、DHAが260mg配合され、これは、厚生労働省が推奨するEPA、DHAの1日当たりの摂取量(1,000mg)をほぼ賄える量です。 年齢を重ねることによる記憶力の低下や、空間認識力の衰えをサポートするDHAと、若々しい身体を維持し血栓を防ぐEPAを豊富に含む「さかな暮らし EPA&DHA」はマイケアの公式ページのみから購入出来る、希少なサプリメントです。公式ページ限定で販売する事で、無駄な流通コストを抑え、毎日続けられるサプリメントです。 さらに、価格だけでなく成分のこだわりは、EPAとDHAを酸化から守るビタミンEとクリアオイルを配合した事です。抗酸化作用のあるビタミンEと、深海に棲むオキアミ由来のクリアオイルを成分に配合する事で、保存中の空気中による酸化や体内での酸化を防ぎ、EPAとDHAを新鮮な状態で身体の隅々にまで届けます。 もちろん、脳の記憶力をサポートするDHAも鮮度を保ったまま脳細胞へ届けられます。 成分量とEPAとDHAの鮮度にこだわったマイケアの「さかな暮らし EPA&DHA」を毎日の健康維持に取り入れてみてはどうでしょう!

価格 1回のみ2800円
評価 評価4
備考 EPA600mg DHA260mg 合計860mg!! 酸化対策データ有り! GMP認定工場で製造!
 

DHA&EPAオメガプラス(みやび)の通販購入

DHA&EPAオメガプラス(みやび)の特徴

血液のサラサラ成分の配合量とコストパフォーマンスにこだわりが見えるのがDHA&EPAオメガプラスです。青魚に豊富に含まれる脂肪酸であるDHAは、脳や神経組織の機能を高める働きをし、それによって神経細胞を活性化させて記憶力を上げる効果が期待できます。EPAも青魚に多く含まれている脂肪酸で、生活習慣病の予防と改善効果があります。またこの2つの成分は、血流の改善、血液をサラサラにしたり血栓を作らせない働きをするなど、血液に良い働きを促すのが特徴です。

価格 定期コース初回 1,666円
評価 評価4
備考 GMP工場製造&放射能・水銀検査実施!継続に安心安全☆
 

美健知箋 (佐藤製薬)の特徴

EPA&DHAの含有量が750gと他のサプリメントの大半が500g含有ほどに比べると、その成分の量の多さが際立つのが美健知箋 (佐藤製薬)です。 EPAはエイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸で、動脈硬化など生活習慣病を予防し、血液の流れを活性化してくれる効果があります。DHAには神経細胞間の情報伝達に必要な突起が伸びやすくなるという特徴があり、脳内の働きが活性化します。よって記憶力を上げる効果や注意持続力などの向上などの効果が期待できます。

価格 6,480円 ⇒ 定期初回限定1,000円
評価 評価4
備考 初月は1日あたり33円!DHA/EPAが750mg高配合。スティック包装で持ち運びに便利☆
 

大正DHA・EPAの通販購入

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

大正DHA・EPA(大正製薬)には、記憶力アップ効果が期待できるDHA・EPAがたっぷりと配合されているサプリメントです。1日1袋を飲むだけで、DHAを400r、そしてEPAを200rも摂取できますので、普段の食生活で十分に摂取できていないDHA・EPAを、しっかりと補うことができるのが特徴です。大正DHA・EPA(大正製薬)はキャンペーンを利用すれば、通常よりもお得な価格で購入できるサプリメントであり、まずはDHA・EPAの効果を試してみたいという方にもおすすめです。DHA・EPAを、簡単手軽な方法で、毎日摂取したいなら、お得に購入できる大正DHA・EPA(大正製薬)を健康習慣として取り入れましょう。

価格 定期コース初回 1000円
評価 評価4
備考 DHA・EPAが1袋600mgと高配合☆1日分アルミ包装☆
 

青魚の知恵 (やずや)の特徴

青魚の知恵 (やずや)には、不飽和脂肪酸であるDHAとEPAが配合されているのが特徴です。DHAは脳にとって重要な成分で、脳神経や脳細胞に働きかけて脳の働きを活発にする効果があることから学習能力や記憶力の向上に役立つとされています。EPAには血小板が集まって固まるのを防ぐ働きがあり、血栓予防になるほか、血中にEPAが増えると赤血球が柔軟に形を変えられるようになります。こうして血流が改善され、脳の血の巡りが良くなり記憶力を上げるのです。

価格 2,160円 ⇒ 定期初回1,080円
評価 評価3
備考 1日あたり33円(定期)・66円(一般価格でも買える)!DHA/EPAと共にカルシウムも配合!
 

記憶力の向上に良いサプリ

イチョウリーフ(健康家族)の特徴

イチョウリーフの特徴で注目すべき成分は、イチョウ葉のエキスです。成分の安全性を高めた形で配合しています。一粒あたり、イチョウ葉エキス120mg、DHA含有精製魚油、ビタミンE、アマ二油などを含んでいます。 特に有名になった効果としては、記憶力を上げることでしょう。認知症やアルツハイマー病を予防できるとして常識になりつつあります。健康な人が服用しても、記憶力や集中力を高めるなど、学習能力の発達にも期待が持てます。

価格 1袋購入 1814円
評価 評価3
備考 モンドセレクション3年連続金賞☆
 

記憶力アップさせるサプリメント

Dr.Dekisugi(ドクターデキスギ)の特徴

Dr.Dekisugiは、現在小学生世代の子供を持つ保護者の人々に人気のあるサプリメントとなっており、特徴として記憶力を上げる効果があります。 主成分としては、青魚などに含まれる記憶力を上げる成分のDHAやEPAを500mg配合しています。子供向けのサプリメントでは驚異的といえる含有量を誇っており、さらに集中力を上げる成分であるホスファチジルセリンを200mg配合しています。これらの成分により健康と学習能力の両方をしっかりとサポートしてくれます。

価格 60日間返金保証付き 9,180円
評価 評価3
備考 学習の集中力・記憶力・読解力アップをサポートする配合のサプリ!
 

ラーニングアップ(プロ・アクティブ)の特徴

ラーニングアップは記憶力を上げるビタミンB郡、ビタミンB12、葉酸、タヒボ、酵母が配合されています。これらの栄養素は、神経細胞の活性化や脳への信号伝達をスムーズにしたり、酸素の供給を助ける効果があり、記憶と集中力を栄養の面からサポートします。また、八升豆を配合することにより、楽しい時に脳から分泌されるドーパミンの発生を促進します。楽しく集中し記憶力を向上できることがラーニングアップの特徴と言えます。

価格 初回限定価格 8,800円
評価 評価3
備考 学習効率アップに特化したサプリ!
 

ナットウキナーゼEPA&DHAセットの通販購入

ナットウキナーゼEPA&DHAセット(小林製薬)の特徴

納豆というと、女性ホルモンのバランスを整える効果が知られていますが、それだけではありません。 ナットウキナーゼという成分は、青魚に含まれるEPAやDHAと同様に記憶力を上げる効果があることがわかっています。 小林製薬のナットウキナーゼEPA&DHAは、記憶力を上げる効果のある成分をバランスよく配合している点が特徴のサプリメントです。 食品と同じように、サプリメントも同じ成分ばかりをたくさん摂取するのではなく、動物性・植物性とまんべんなく摂取することが望ましいです。その点からも全部が一つにまとめられているナットウキナーゼEPA&DHAは手軽に続けられるサプリメントです。

価格 30%割引 1,134円
評価 評価3
備考 2倍の溶かす力 ダブルサラサラ成分!

 

 

 

記憶力を上げる方法とは?


☆記憶力を上げる方法として11の方法を紹介しています☆

 

脳への刺激を与えたり、感覚的なことであったり、栄養面のことであったりと参考になるはずですので、日々の生活に取り入れてみてください。

 

記憶力を上げる11の方法

 

記憶力が落ちて来た、集中力がない、もっと効率良く勉強や仕事をこなしたい、と考える方多いですよね。
そんな悩みを抱える人が多いのですが、もう年だから、疲れているから、元々記憶力が悪いからと諦めてしまう人がいます。
ですが、記憶力はご自身の生活や記憶力を上げるための行動によって改善させることが出来るのです。

 

記憶というものは、脳によって機能していますが生活習慣から食生活から運動まで関わっているのです。
記憶のメカニズムや記憶力アップのための食生活、運動を意識することでご自身の記憶力を上げることが出来ます。
そこで、今回記憶を司る脳についてや、食生活、運動に関わる記憶力を上げるの方法について、ご紹介致します。

 

 

<@脳を休める>

 

記憶力を上げる上で、基本となることは”脳を休める”と言うことです。

 

新しい情報を記憶しようと脳を動かすことで、脳は非常に多くのエネルギーを消費しています。
更に、脳は記憶した事を睡眠中に整理する機能も持っています。
つまり、基本的に脳は休む間もなく動き続けている器官です。

 

と言うと、脳を休めることは出来ないのでは?!と思いますが、脳を休ませると言う意味で脳をリフレッシュさせることが必要です。
記憶させるために、集中しすぎで疲れてしまうなんてことありませんか?
脳の疲労は記憶をショートさせてしまいます。

 

記憶力を上げるために、脳が疲れたなと感じた時にはリフレッシュするために一度記憶の作業から離れることも大切です。

 

 

 

<A寝る前にインプットする>

 

私たちが寝ている間にも、脳は活発に活動しています。

 

記憶面で言うと、寝ている間に脳が記憶した情報を整理し記憶として残るよう情報処理をしているのです。
そのため、寝る前に記憶したい情報を覚えることで、脳により印象を残し覚えたことを定着させる処理が進みます。
よって、”寝る目前の記憶や暗記がより効果的”なのです。

 

更に、寝る前の記憶にはスピード性があり一つ一つをじっくり記憶するやり方よりも、多くの情報を一気に詰め込む方が効果的なのです。

 

例えば、記憶したい単語や情報を時間をかけて読み込み、理解をしていくよりも、多くの単語や情報を一気にざっと眺めるやり方の方が寝る前の記憶法としては有効です。

 

寝る前の情報は、脳にとって最新の情報であり記憶を定着させる処理をする上で最も早く処理をしようと脳が働くのです。

イメージとしては、寝る前に沢山の情報を脳に与え、寝ている間に勝手に処理をしてもらい翌日の記憶に残るような記憶法です。

 

 

 

<B睡眠を十分に取る>

 

脳は睡眠時に、仕入れた多くの情報を処理します。

 

そのため充分な睡眠時間が必要となり、睡眠不足は記憶力を上げる上で大敵となります。
更に、”睡眠は脳の記憶処理の時間の他に、身体を休める時間”でもあります。

 

効率良く記憶力を上げる上で、脳と身体の疲労を取り除き、活発な脳と身体を作ることは非常に大切です。

 

睡眠中に脳が情報処理を行い記憶として定着させる効果を、レミセンス効果と言います。

 

レミセンス効果を利用した実験を行い、その効果が立証されている事例があります。
多くの情報を記憶した直後のテストよりも、多くの情報を記憶し睡眠をとったあとの方がテストの結果が良いと言う結果を出しました。

 

記憶した直後の情報は脳に残る時間が短く、脳が記憶として処理をする対応が遅れてしまいます。
ですが、記憶した直後に睡眠をとることで、脳が記憶として情報処理をする働きを行うため記憶として定着するのです。

 

このレミセンス効果の質を上げ、効果をより発揮させるために良い睡眠を取ることが必要なのです。
レミセンス効果を利用し、記憶の整理をするために最適な睡眠時間は6時間となります。

 

勉強中は睡眠時間を削り、勉強に没頭してしまいますが記憶力を上げる上で睡眠は欠かせません。
覚えたい情報を脳に詰め込んだ後には、6時間の睡眠をとりましょう。

 

 

 

<C短期間に繰り返す>

 

脳が記憶として情報を処理する機能がある反面、脳には情報を忘れるための機能も備わっています。

 

記憶を忘れる機能を”忘却曲線”と言います。

 

忘却曲線は記憶の中に存在し、脳が記憶した情報の約50%が4時間で失われます。

また、24時間で約70%〜80%が失われるのです。

 

この忘却曲線の働きによって、記憶したい情報を睡眠時に記憶として脳が定着させても翌日中には忘れてしまう部分が多くなってしまうのです。
情報を頭に入れ、良い睡眠をとっても翌日に忘れてしまっては意味がないですよね。
この忘却曲線の動きを止めるためには、短期間に繰り返すと言うことが必要になります。

記憶を繰り返す方法は至って簡単です。
前日、または記憶直後の情報を繰り返し復習することです。
特に、睡眠前の情報は起床後に繰り返し復習することで脳に定着させる力を上げます。

 

時間の経過に伴い失ってしまう記憶は意識上の記憶です。

時間が経過しても覚えている記憶は無意識の記憶となります。

 

記憶したての情報は、脳が睡眠時に情報処理を行っていても意識上の記憶に近い記憶となります。
新しい情報を復習し定着させることで、無意識の記憶となり忘れることのない記憶となります。
なので、前日の情報は起床後に繰り返すことを続け無意識の記憶へと定着させましょう。

 

 

 

<D覚えたい情報分野を絞り込む>

 

脳は記憶したい情報以外にも生活する上で、記憶の機能を働かせています。
そのため、覚えたい情報にまとまりがない、一気に沢山のカテゴリの情報を詰め込む、など脳の情報が散漫してしまう情報の取り入れ方をすると、脳がパンクしてしまいます。

 

今日覚えたい情報・分野を整理して脳に分かりやすく情報を与えることが大切なのです。

ただ、1日に一つの分野、例えば英単語だけ勉強する、翌日は数学だけ勉強する、というようなやり方ではありません。

 

一つの分野の情報を脳に取り込んだあとに、必ず一度は休憩をしましょう。
その休憩方法に短時間の仮眠を取り入れることがおすすめです。
仮眠としての睡眠時間は20分程度が良いです。

 

英単語を覚え10〜20分仮眠、仮眠後一度復習、その後別分野の勉強と言うような流れが理想的です。

 

 

 

<E空間的な刺激を与える>

 

記憶力を上げるには空間的な刺激によって脳が活性化されます。

 

空間的な刺激とは、文章だけの本や単語だけで暗記するよりも、イラストや図、分かりやすい映像を見ながら覚える方が印象に残りやすいのです。

 

脳の中で記憶力を司る部位を”海馬”と言います。
この海馬を活発にする作用として空間的な刺激が効果的なのです。

 

海馬を活性化させるために、覚えたい情報を文字だけではなく実際の絵やイラスト、図形などを利用して覚えることが大切です。

 

また、同じ部屋、同じ姿勢で勉強を続けるよりも、適度に身体を動かし自分がいる部屋を変える、外に出てみるなどの刺激も海馬を活性化させます。

 

 

 

<F感情的な刺激を与える>

 

情報を脳が記憶するには、記憶する情報に伴う感情の変動も大きく関わってきます。

 

新しい情報を仕入れた際の感情の動きが大きければ大きいほど、無意識の記憶へと繋がり復習や睡眠を取り入れなくても忘れない記憶となります。

 

その理由は、感情を司る偏桃体”と言う部位が記憶を司る”海馬”の近くにあるため、感情の偏桃体が活発になると、海馬も一緒に活発になるからです。

 

そのため、無感情でひたすら情報を覚えるよりは、自分の感情も織り交ぜながら新しい情報を覚えて行く方がより記憶として脳に残ります。

 

 

 

<G作業興奮状態を作り出す>

 

感情的な刺激を与えることで”記憶力アップ”へと繋がります。

 

その感情的な刺激を与えるために記憶時の感情を高める必要があります。
記憶や勉強を始めた際の、感情の高まりを作業興奮と言います。

 

なかなかやる気が起きず手を付けなかった勉強も、一度やり始めると集中して勉強をすることができたなんて経験ありませんか?
やってみると意外と出来る状態が作業興奮している状態となります。

 

何か作業を始めることで、脳は刺激を受けます。

脳が刺激を受け作業興奮を起こす部位を側坐核と言います。
側坐核が刺激されることで、作業へのやる気へと繋がります。

 

記憶力がない、勉強したくない、と思ってしまいがちですが、まずはその作業を行うことで側坐核を刺激しやる気を起こすことが大切です。

 

 

 

<H口や手を動かす>

 

記憶力を上げるために、口や手を動かすと言う方法があります。

 

口や手を動かすことで、脳が活性化され、記憶力が上がる効果があります。

 

なぜ、口や手を動かすと記憶力アップの効果があるのか…

・人間の顔と手には神経が非常に多く集中している
・顔の中でも特に口が多くの神経を集めている

 

そのため、手や口を動かすことで神経細胞に刺激を与え、脳全体が活発に動くことが出来るのです。

 

記憶したい内容を口に出しながら記憶する、ガムを噛みながら口を動かして勉強をする、タイピングや字を書くことで手先を動かす、休憩時には手先を握る、開くなどのストレッチをするなど多くの刺激を与えることが大切です。

 

 

 

<I記憶力を上げる食生活>

 

記憶力を上げるには、日々摂取する食事を意識することも大切です。
記憶力を上げる食べ物は以下のものがあります。

 

・低GI食…血糖値を上げない食事を心がけましょう。
血糖値が上がることでインシュリンを分泌しようと身体が動き出します。
そのため記憶処理の活動量が低下してしまいます。

 

・青魚…青魚に含まれるDHAを摂取しましょう。
DHAは脳を活性化させる栄養素となるため充分に補充することでより記憶力が上がります。

 

・納豆…脳の機能低下を防ぎます。
納豆に含まれるレシチンやナットウキナーゼが脳の細胞間脂質を形成する栄養、血栓溶解作用を持っています。

 

・ブルーベリー…ブルーベリーを摂取することで、抗酸化効果が働き、疲れた脳のダメージを回復させます。

 

・ほうれんそう…ほうれんそうに含まれるルテインによって、眼精疲労が緩和されます。
記憶する情報を取り入れる際に、目の働きは欠かせません。
眼精疲労を取り除き、記憶力をアップさせます。

 

低GI食を意識し、記憶力アップに繋がる食材を多く摂取していきましょう。

 

 

 

<Jサプリメントの活用>

 

記憶力を上げるために、必要な栄養素を取り入れるに当たりサプリメントも活用しましょう。
今では記憶力を上げる、脳を活性化させる、身体を健康にするを目的としたサプリメントが開発されています。

 

中でも注目すべきサプリメントは、DHA・EPAの補充を目的としたサプリメントです。

 

青魚に含まれるDHAが脳を活性化させ記憶力をアップさせる効果を発揮します。

 

また、EPAによって全身に新鮮な血液が流れ、栄養を身体の隅々まで与えることが出来ます。

 

記憶力を上げる工夫や食事の他に、脳が必要とする栄養素をサプリメントによって充分に補いましょう。

 

当サイトでは記憶力アップに適したサプリメントをランキング形式でご紹介していますので、ご参考ください。
ランキングに戻る↑↑

 

 

記憶についての知識


人間の記憶に働きかける栄養素があることをご存じでしょうか?

 

記憶力が悪い、集中力がないなど悩みを持っている人は多いと思います。
記憶に関しても、身体の健康を築くように普段何を食べ、どんな栄養を摂っているかによって大きく左右されます。

 

忙しい現在人、沢山の情報を脳が吸収し知らないうちに処理をしているのです。
毎日頭をフル回転させることで、知らないうちに脳は疲れ切っています。

 

脳も疲労しています

疲れた脳を回復させるための食生活を送っていますか?

 

脳が疲労しきっていては、新しい情報を覚えるスピードや、処理をする能力が劣ってしまいます。

その結果、記憶力が悪いと自覚することになるんですね。

 

記憶力を上げたいならば、記憶に働く栄養素を取り入れ、脳を活性化させることが重要となります。
頭の回転が速い、頭が良い人は、脳が必要とする栄養を補い、疲れた脳を元気にしているからなのです。

 

そこで、見落としがちな脳を活性化させ記憶力を上げる栄養素についてお伝え致します。

 

 

記憶力をアップさせる食べ物、成分は何?

 

記憶力をアップさせるためには、日頃の食生活において必要な栄養素を意識して食べて行く必要があります。
まず、記憶力に良いとされる成分ですが、ビタミンB群、DHA・EPAが脳を活性化させ記憶力をアップさせる栄養素の代表となります。ビタミンB群は、主に炭水化物や緑黄色野菜に多く含まれています。
DHA・EPAは青魚に多く含まれる栄養素です。

 

具体的な食べ物をあげると以下の食べ物が記憶力アップに効果的です。

 

 

・ビタミンB群に含まれるビタミンB1を豊富に含む食材

豚肉、穀物類、グリーンピース、豆類、ナッツ類

 

・ビタミンB群に含まれるビタミンB6を豊富に含む食材

じゃがいも、バナナ、オーツ麦、肉、魚、ほうれん草、アボカド、大豆

 

 

・ビタミンB群に含まれるビタミンB9(葉酸)を豊富に含む食材

豆類、ほうれん草、アスパラガス、グリーンピース、ブロッコリー、オレンジ、卵、パパイヤ、メロン、バナナ

 

・ビタミンB群に含まれるビタミンB12を豊富に含む食材

肉、魚、貝類、乳製品、卵

 

 

・DHA・EPAを多く含む食材

さば、まぐろ、さんま、うなぎ、ぶり、いわし、さけ、くるみ

 

日々の食生活において上記の食材を多く食べるよう意識をすることで記憶力アップに繋がります。

 

 

DHA/EPAサプリメントのおすすめランキングはこちら

 

 

<記憶力に影響するビタミンB群>

 

沢山種類があるビタミンの中で、ビタミンB群が記憶力に影響を与える栄養と言うことをご存じでしょうか?

 

ビタミンB群に含まれる、ビタミンB1、B6、ビタミンB9(葉酸)、ビタミンB12には、疲れてしまった脳を正常に保つ働きをする栄養素なのです。

 

脳の神経細胞の生成に働きかけることで、脳を活性化させてくれます。
この栄養が不足すると、記憶力が落ちる、物忘れが多くなるなどの影響を与えます。
ビタミンB群の中でも、ビタミンB12が脳を活性化させ、記憶力を上げる効果が1番強いと最近の研究で明らかになりました。

 

脳の修復に役立つビタミン類

ビタミンB12は、脳の中で切れてしまった神経細胞の修復に役立つ栄養と言うことが分かったためです。

 

ビタミンB12だけではなく、ビタミンB群全般の摂取によってより脳の活性化に繋がるため、日々の食生活で意識してビタミンB群を取っていくことが大切です。

 

最近では、記憶力を上げるためのサプリメントが沢山開発されています。
ビタミン剤としてビタミンB群を取るよりも、記憶力や脳の活性化に特化したサプリメントを摂取することで、効率良く栄養を補うことが出来ます。

 

DHA・EPAの働き、効果とは?

 

DHA・EPAと言う栄養素が注目されていることをご存じでしょうか?

 

DHA・EPAは、脳を活性化させ記憶力・集中力を上げる、血液をサラサラにする、全身の血流を良くし身体を元気にする、などの効果があります。

記憶力や健康の悩みを抱える人の体質改善に役立つ栄養素なのです。

 

血液循環が良くなる

DHAと言う栄養素は、脳を構成する栄養素として細胞胞膜に存在しています。
脳内でも特に記憶を司る海馬には、他の脳の部位より2倍も多く存在しているのです。

 

そのため、DHAが不足すると記憶力や思考力が落ちてしまいます。

脳内にあるDHAの量の多さが記憶力や頭の良さに繋がるとも言われています。

 

EPA血液をサラサラにし、血流の流れを良くする効果があります。

 

体内を張り巡っている血流の流れを良くすることで、新鮮な栄養や酸素を送る事が出来ます。

そのため、脳梗塞や動脈硬化の予防、中性脂肪を減らす効果もあります。

 

記憶力に関しては、脳内に新鮮な栄養や酸素を送ることで、脳内に栄養が行き渡り、脳が活性化されます。

 

DHA・EPAの1日の摂取量はどの程度?

 

脳を活性化させる栄養素DHA EPAは、厚生労働省より1日1000mgの摂取が推奨されています。

 

魚介類のDHA・EPAを摂取

ですが、現代人はDHA EPAの摂取量が不足していると指摘もされています。

 

食事から1日1000mg摂取するには、本マグロの赤身の刺身9人分、マイワシならば約40g以上、マアジならば約150g以上、サバの水煮缶ならば約0.2缶以上となります。

 

青魚に多く含まれる栄養素のため、一定量の魚を毎日摂取しないと基準値はクリア出来ません。

 

ですが、外食が多い、好き嫌いがある、偏食などの問題を抱える現代人にとって、これだけの量を毎日取り続けることは非常に難しいです。

 

また、食事から1000mg摂取したとしても摂取に伴うカロリーオーバーが心配されます。
1日の摂取カロリーを大幅に超える結果となり、DHA EPAを補うことでカバー出来ない健康状態となる恐れがあります。

 

そのため、低カロリーでDHA EPAを摂取できるサプリメントが注目されています。

 

 

DHA/EPAサプリメントのおすすめランキングはこちら

 

DHAと記憶力の関係とは?

 

DHAサプリを摂ると頭が良くなる、記憶力が良くなる…最近このような情報をよく耳にします。

 

DHAを毎日サプリで摂ろう

では、DHAとは一体何でしょうか。

 

DHAは脂肪酸と呼ばれる油脂を構成する栄養素の一つで、魚の油などに多くふくまれています。
そして他の脂肪酸とは少し異なった特別な働きを体内でするのです。

 

では体内での働きにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず1番に挙げられるのは、血液を健康に保つ効果です。

 

DHAには血中コレステロール値を下げてくれる働きがありますので、毎日サプリで摂取することで高脂血症や心臓疾患などを予防する効果があります。
また、同じ働きにより脳内を流れる血液も健康になりますので、脳の健康を保つ上でも重要な働きをするのです。

 

2番目の効果は、活性酸素を除去することで細胞が傷つくのを防いでくれる効果です。

摂取したものは血液によって脳へも運ばれますので、脳細胞の活性酸素を除去することで脳の老化を防いでくれるのです。

 

3番目の効果は、抗炎症物質の原料となることです。

DHAは体内で抗炎症物質を合成するための原料となります。
そのためDHAを摂ることにより、アレルギーなどの炎症を抑えることができるのです。
また脳での炎症も防ぐため、脳細胞を健康に保つ働きもあります。

 

しかしもっと重要な働きDHAにはあるのです。

 

それは、脳細胞などの神経細胞の原料となることです。

 

神経細胞は絶えず新陳代謝を行っているため、原料が不足してしまっては細胞の働きが低下してしまいます。
そこで原料となるDHAを十分摂取することで、脳細胞の新陳代謝を活発にし、脳細胞の活動を活発にすることができます。
そのためDHAを摂ると記憶力が高まると言われているのです。

 

それでは1日にどれくらいの量を摂取したらよいのでしょうか。

 

厚生労働省によると1日に必要な量は、年齢や性別によって異なるものの、おおよそ1.6〜2gと言われています。

 

この量を食事から摂るとすると、毎日サンマを1尾食べ続けなければなりませんが、サプリメントならば手軽に欠かさず1日の必要量を摂ることができるのでサプリが便利ですね。

 

記憶力上げるサプリ

 

DHA/EPA配合のサプリメントで血液をサラサラにして、脳への血流を良くしましょう!

 

テレビや口コミなどで、記憶力を上げる栄養素として話題になっているDHA/EPAサプリ。

 

あなたもDHA/EPAサプリを摂取し記憶力アップ、認知機能を高め快適な毎日を送ってみてはいかがでしょうか。

 

なぜDHA/EPAが記憶力アップに繋がるのか…DHA/EPAはこのように働くからです。
記憶に大きな働きをする情報伝達作用のあるシプナス

 

このシプナスの細胞膜をDHA/EPAは柔らかくし、脳の活性化へと繋げます。
脳が活性化することによって、記憶力アップ、認知機能を高めるわけなんですね。

 

厚生労働省が推奨するDHA/EPAの摂取量は、1日1000mgから2000mgです。

マグロの刺身 5切れ程、鯖の開き 半分程、鰹のたたき 6切程の摂取が必要です。

 

毎日食べられない量ではありませんが、継続して摂取するのは難しいと思う方も多いと思います。
DHA/EPAの摂取をサプリメントで補うことができたら簡単ですよね。

 

DHA/EPAを沢山含むサプリメントのランキングを参考に!

 

ランキングに戻る↑↑